THM Frog

2013/04/22

圧力鍋はじめの一歩( 2013/04/22 )

先日、もう何年も前からどうしようか迷っていた圧力鍋を思い切って手に入れました。
いろんなメーカーからいろんなサイズが出ているみたいですが、お友達が勧めてくれたメーカーの圧力鍋がセット販売で少しお得になっていたので迷わず購入。ピカピカでかっこいいけどビックリするくらい重い。

pressure cooker

圧力鍋は蒸気がぷしゅーって勢いよくでてきて危ない、怖いという印象がとっても強かったので、まずは取り扱い説明書を熟読。…しようと思ったのですが同梱の英語版だと全然よくわからず、ネットで日本語版をダウンロードして読みました。お水だけでまずはテスト、圧がかかる様子や抜ける様子を確認、最後にちょっとだけ手動でぷしゅーっと圧抜き。思ったより怖くなかったので一安心。ちなみに圧力が抜けきっていないと蓋が開かない仕組みになっているらしいので、さらに安心です。

そして記念すべき圧力鍋料理一品目は、豚の角煮。脂身はそんなに好きじゃないんだけど、やっぱり最初はこれでしょ。

豚の角煮

圧をかける時間は12分、その後軽く煮詰めて出来上がり。買ってきた豚バラ塊り肉を切ろうとして裏返したら、皮がついていて(!)、そのまま使っていいのか調べるのに10分ほど余計に時間がかかったけど、1時間もかからないうちに出来上がりました。
レシピはお友達に借りた「圧力鍋でタイム1/2クッキング 」(著・河野 雅子) から。

やっぱり圧力鍋すごい。次は何を作ろうか、楽しみになってきました。

コメントをどうぞ