THM Frog

2013/04/11

C.S.H. #22( 2013/04/11 )

週末、ロスにあるケーススタディ・ハウスの22番、スタールハウス(The Stahl House)を見に行ってきました。ケーススタディ・ハウスというのは、戦後1945年から66年の間にある雑誌のスポンサーで行われた実験的な試みで、有名な建築家に依頼して経済的な住宅を建築しようというもの。このスタールハウスはイームズハウス(The Eames House)と並んで一番有名で、内部も一般公開しているお家。

予約していたツアーの時間より少し早く着いたので、お家の周りでうろうろ。入り口にはこんな(↓)のが。(あれ、でも C.H.S.じゃなくて C.S.H.じゃなかろうか…)

CSH22-2

最初は車を道ばたに停めていたのですが、お家から男の人が出て来て、「僕の車もう出るから、こっちに停めて。」と言われて移動。他のツアー参加者はまだ来ていなかったので、まるで自分ちに車を停めているような気分にしばしひたったりしてました。

csh22-5

ちなみに声をかけてくれた男性、よれよれのTシャツにピックアップに乗っていたので、てっきりお家の手入れをしている業者の人かと思ったら、なんと住人でした。びっくり。

しばらくすると他の参加者も到着。みんなが揃うまでの時間で、フォトリリースフォームが回ってきてサイン。ビデオカメラはダメで、写真撮影はいいけど、中判・大判カメラと三脚はダメ。写真は個人で利用するのはいいけど、商用はダメだよっていう内容でした。後は口頭でFacebookやブログはいいけど、フォトシェアリングサービスはNGだそうです。

いざゲートの中へ。

CSH22-1

!!!

csh22-3

!!!

csh22-4

!!!

素敵すぎます…
ツアーは一時間で、適当にガイドさんの説明を聞きつつ質問しつつ、その辺りにある椅子やソファーに座ってのんびり。お天気も良くて最高の気分でした。ガイドのスコットさんには夜のツアーはもっといいよぉ、またおいでって言われました。機会があればまた行ってみたいけどなぁ(ちょっとお高い…)。

Case Study House #22 – The Stahl House
1635 Woods Dr.
Los Angeles, CA 90069

Wikipedia Case Study Houses
ウィキペディア ケース・スタディ・ハウス